×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
究極の怪盗じろちゃんのおすすめムービーリスト

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.雪崩
2.早川りさこ
3.narinari
4.歯周病
5.壁紙
6.青磁
7.ルパン三世
8.XP-55
9.OSMOSIS
10.帝国千戦記

i-mobile
人間の証明 (角川文庫) 最初に雑誌連載小説としてスタートしたのが1975年のことらしいから、
初出から既に30年が経過した作品だ。
それでもなお、繰り返し映像化(最近では2004年)されるわけだが、
今回改めて原作を読み直して、とてもよく出来た作品であることを実感した。

私(1966年生まれ)よりも少し上の世代の方々なら、
1977年の映画公開時のキャッチコピー
「母さん、僕のあの帽子・・・」
を覚えておられるのではないか。
当時小学生だった私は、小説はもちろん、映画も見ていないが、
このコピーだけははっきりと覚えている。
私と同様に、キャッチコピー「だけ」が記憶に残っている方も
少なくないだろう。
そんな方は是非ともこの原作を読んでみていただきたい。
ずっと頭の片隅に残っていたあの「母さん・・・」のフレーズの意味を
はっきりと掴むことができた。それも相当に印象に強く残る形で。

また、竹野内豊主演のドラマをご覧になった方にも読む価値はある。
ドラマで省かれていた登場人物の背景が詳しく描かれているし、
ストーリー展開のテンポの良さのおかげで、
(結末が判っていたとしても)十分に楽しんで読むことが出来る。
また、1970年代と言う戦争の影が消えていない時代を
背景としていることも、物語の「必然性」を高める要因となっている。

30年来に渡って「名前だけは知っていた」小説を読むのは、
なかなか味わいのあるものであることを今回実感した。
これから古い小説も読んでいこう、と思わせた一作であった。

パイオニア OptionオービスROM CNAD-OP11II ■気に入っているところ
・ナビがあればハードが不要
・なので、見た目がスマート
・それに価格もお手ごろ

■頑張って欲しいところ
・機能的にもちょっとお手軽すぎて、レーダーと比較するのは無理がある
・電子音だけでなく、音声案内してくれたらいいのに

人間の証明 DVD-BOX 森村誠一の人間の証明及び棟居シリーズの読者として、いままでのテレビの棟居弘一良に違和感を感じずにはいられなかった。しかしこの人間の証明の竹野内豊さんは、まさに棟居弘一良だと思いました。この棟居の最終回は特に光っていると思います。
☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!