×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

i-mobile
荒野のライオン丸カールちゃんの超絶動画大国

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.羊羹
2.無料アプリ
3.ヴィタス
4.バカルディ
5.昨日の友は今日の敵
6.ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説
7.ライフ・イズ・ビューティフル
8.ほしのあき
9.小林泰三
10.くにおくんの時代劇だよ全員集合

i-mobile
日曜はダメよ [DVD] ハリウッドではそのリベラルな思想から異端とされたジュルス・ダッシン監督がほれ込んだギリシャをテーマに撮った作品がこれ。ギリシャらしく陽気で、のびのびした作りがいいです。

ダッシン自身が扮したアメリカ人のアマチュア哲学者ホーマーがあまりにも了見が狭く、押し付けがましいので、すこしいらいら。しかし、メリナ・メリクーリ扮する自由奔放な娼婦イリアに代表される人間らしい素直さを引きたてるためのお膳立てとしては効果的なのでしょう。自由で、楽しく、前向きで、可愛いイリア。そんな愛すべきキャラクターを演じたメリクーリが好演。

全体的に主義主張が通っている映画であることはたしか。が、コメディタッチの部分とあわせて楽しさのなかにもしっとりとした登場人物間のやりとりがあってもよかったかも。ホーマーがイリアに“教育”を施す部分もカラっとあっさりしすぎて、なぜイリアがいままでの生き方を改めることにしたのかあまり理解できません。そのへんが、流れとしてはぶつ切りの感あり。ただし、イリアが自分の生き方を懐かしんでお気に入りの歌を口ずさむあたりは情感あふれるいい作り。

しかし、最初から最後まで悲壮感なく一気に楽しい雰囲気を貫き通しているという部分ではまこと爽快な映画には違いありません。

慎吾ママのおはロック 流行語大賞にもなった慎吾ママの、この曲は本当に元気がいい曲です。
この曲を聴いたときは衝撃的でした。
なぜなら歌の中でもおっはー、おっはーと慎吾ママ連発。
あと、マヨチュッチュッ。これにはかなりはまった。

J.S. バッハ & レーガー: 無伴奏ヴァイオリン作品集 (Bach & Reger : Works for violin solo / Sayaka Shoji violin) (2CD) [日本語解説付輸入盤] [Import CD from France] 「人は愚かで人生はあまりにもはかない。ならば、私は私を精いっぱい表現しながら生きていくしかない、と吹っ切れた。」

庄司紗矢香さんを紹介していたasahi.comの記事の中で、この一文がとても印象に残っていました。
「私を精いっぱい表現しながら生きていく」という、一人のヴァイオリニストの心のメッセージが、バッハとレーガーの無伴奏作品を収めた、この2枚のCDに込められているようなイメージがしました。
この演奏は、パリのランファン・ジェジュ教会で録音されたそうで、教会独特の荘厳で、そして清らかな気高い響きが、聴く人の心の中に広がっていくかのようです。
この世に無伴奏ヴァイオリン作品を収めたCDは数有れど、これほどまでに録音が優秀なものは、珍しいのではないかと思います。
ジャケットは厚紙で、フランス語、英語、そして日本語の解説書が付いており、2枚のCD、ジャケットともカラーは「ホワイト」を基調とし、装飾的なデザインが全く無いような素朴なものですが、「吹っ切れた」すがすがしい姿の庄司紗矢香さんに巡り会えたような、そんな印象を受けました。
おそらく、今年の最優秀録音の一つに数えられるであろう、傑作の作品だと思いました。

☆人気サイトランキング☆



[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[住まい|マネー|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!